スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

フライングキャップ型紙のモニター募集☆

友人のリクエストでサイズ展開したフライングキャップの型紙を作っています作りました。
相変わらず写真が、まず~な感じですが、アップします(^^;

DSC_0042.jpg


サイズ展開はできたのですが、いろんなサイズの子供が周りにいるわけではないので、該当サイズのお子さんがいらっしゃる方に、制作モニターしていただけたらな、と思っています。

現在用意できるサイズは、46から62くらいまでを2cmずつサイズアップ。
つまり、46、48、50、52、54、56、58、60、62という感じで。

最初、モニター募集を個別に限られた方むけに、と思っていたのですが、もう無料配布にしようと決めたので、いろんな手続きが面倒になり、一旦期間限定という形で、そのままアップすることにしました。
ご希望の方は、下記の条件の下でご利用ください。


*************************************************************
利用条件など。

1)PDF形式で型紙のファイルをダウンロードの上、ご自身でプリント(一部糊付けが必要)して、ご利用いただける方。
2)型紙の再配布は禁止とさせてください。ご自身のために使用される方のみ無料でご利用ください。
3)モニターの募集ですので、作成した帽子のサイズ、使用感などの感想、大きいor小さい、改善要望など+実際に制作した帽子の写真画像をお送りいただける方のみ制作された帽子の販売および配布もOKということにさせていただきたいと思います。(こちらのブログでご紹介させていただき対と思いますので、よろしくお願いします♪)
4)縫い代付きの型紙です。縫い代部分は、およその寸法ですので、1mm程度のずれがあるところなどもあるかもしれません。
5)自分で試作したら、写真を撮って仕様書のようなものも用意したいと思うのですが、モニタしていただく際には、細かい説明などがまだご用意できそうにありません。(すみません;)多少の説明と不明な場合のご質問にはお答えしたいと思いますので、どうかご了承ください。

*************************************************************

趣味の素人作成ですので、幾分使いにくい、お見苦しい点などもあるかもしれませんが、よろしくお願いします。


【フライングキャップ 無料型紙】

46サイズ
48サイズ
50サイズ
52サイズ
54サイズ
56サイズ
58サイズ
60サイズ
62サイズ

スポンサーサイト
2011-10-15(Sat)
 

バンビファーのイヤーマフを作ります♪

今日は、バンビファーのイヤーマフを作りました。ちょうど作っていたので、作りながら写真をパチリ。
なので、作り方の手順をご紹介したいと思います。
これ、簡単なのに絶対かわいいから、ぜひ試してくださいね!

とりあえずの、本体の出来上がりは、こんなの。
IMG_00220216.jpg


(作業台がキズキズでお見苦しいのは、お許しください;;;)


さて、まずは、イヤーマフ用の資材をGETしてください。
IMG_00010216.jpg
こういうの。カチューシャのパーツにイヤーマフ用資材というのを組み合わせて使います。ネット通販で1組分で100円程度です(安っ!)

次に、ファー生地、マフの当て布、当て布の中芯を用意していきます。

ファー生地を切ります。
IMG_00030216.jpg
直径17cmくらいの円に2つ切り取ります。ちなみに上の写真のファーは、縫い代を1cm程度込みで約17cmです。

次に、当て布の中芯を切ります。
IMG_00070216.jpg
100均でファイリングケースのようなものを買ってきて、その表の固めのプラスティックをカットして使用します。ボール紙などでもいいと思いますが、紙だと洗えなくなるので、100均であるものを上手に利用するといいですよ♪
縦に少し長くなるように、やや楕円にカットするとバランスが良いです。こちらは、縦7.5cm/横6.5cmくらいに2つ用意します。ここは、キルト芯をかぶせますので、少し小さめくらいのほうが出来上がりのバランスが良いです。

次は、当て布とキルト芯をカットして、中芯をキルト芯で包み、当て布の中に入れて縫い付けていきます。
直径12cmの大きさに当て布2枚をカット。
IMG_00080216.jpg

キルト芯を3枚くらい重ねて、中芯より1~2cm大きめにカットします。
IMG_00100216.jpg
こんな感じですね。
IMG_00110216.jpg

次に、当て布の周囲を丈夫めな縫い糸で、ぐるりとぐし縫いにして、中芯とキルト芯を包んで、引き絞ります。
IMG_00120216.jpg
キュキュっと行きましょう♪
IMG_00130216.jpg

絞り口を止めて、同じものを2つ作ります。表から見ると、こんな感じですよ~。
IMG_00140216.jpg

次に、軸の部分を飾っていきます。
IMG_00060216.jpg
今回私は、カチューシャの部分に両面テープでキルト芯をとめておいて、その上から、細編みでプードル毛糸を編んでいって、軸を包んでしまいました。
好きな布を細長く切ってループ上に縫ったものをかぶせてもいいですし、リボンやレースをくるくると巻きつけていってもかわいいです。

カチューシャ軸にイヤーマフ資材を差込みます。
IMG_00150216.jpg

ファーの周囲を先ほどの当て布と同じ様にぐし縫いし、中に綿をつめていきます。

好みの硬さに綿を詰めて、ファーの周囲の糸を少しずつ、途中まで引き絞っていきます。綿は、先に左右の大きさをあわせておいたほうが良いです。詰めてしまうとバランスがわかりにくくなってしまうので。。。
また、真ん中のほうには、布の切れ端やキルト芯の端っこを詰めても全然OKです。
IMG_00190216.jpg

イヤーマフ資材が隠れるように、軸の端のほうをファーの中に入れ込んで、ファーの周囲の糸を、さらに引き絞って丸くなるように形を整えていきます。形が整ったら、縫い付けて糸を止めます。そのときに、ファーはイヤーマフの内側です。また、毛並みがあるファーの場合は、毛の流れの上下にも気をつけてくださいね。

最後に、先ほど作った当てパーツをファーイヤーマフの表側に、くるっと縫い付けていきます。
IMG_00180216.jpg
ファーの毛で、地の部分が見づらいですが、ここは丁寧に、ファーの毛を巻き込まないように、地布と当てパーツを縫い付けていき、特に軸とのつなぎ部分は、抜けてしまわないようにしっかりと縫い付けます。
両耳、同じ用に左右対称に作ってください。

*****************************************
【追記】ファーと綿の厚みや大きさなどによって、大人用にしたときに、耳への当たり具合、フィット感が変わってきます。こちらは制作例ですが、作りながら試着をして、ボリュームのあるファーのときは、内側をボリュームを押さえた小さめの布にして、外側を大きめの布にするなど、アレンジしてくださいネ。
私は、後日制作したバンビファーのイヤーマフ内側を当て布にして小さくし、外側を大きく膨らませるように綿を入れました。(参考まで)
*****************************************

だ~ん!
完成。
テレビを見ながら、チクチク手仕事で、結構簡単にできますよ!

耳当て部分の丸の大きさや綿の量等で、大きさを調整して、大人から、子供までフリーサイズで使用できます。

さて、今日のバンビちゃんは、自分用なのですが、私はこの表の布のところに、毛糸でお花を編んでレースやリボンをくっつけようと思っています。
明日は、お花を編んでみます♪

また、完全に出来上がったら、アップしますね!


【今回使用した材料】
・イヤーマフ資材とカチューシャ15mm太さ 1組
・バンビファー 直径17cmの円を2つ
・当て布 直径12cmの円を2つ
・キルト芯 当て布の芯に3枚重ねにして2枚分+カチューシャ代のクッション分(100均に売っているものでOK)
・中綿 適量(100均に売っているものでOK)
・プラスティックのファイル表紙(またはボール紙など) 7.5×6.5cmを2つ
・カチューシャ台を飾る布、レース、リボン、毛糸など(今回は毛糸を使用)
・両面テープ

前回は子供用に、プードルファーとノルディックジャガードのハギレで作りました。
お好みの生地やファーで、どうぞ!(毛足の短いファーのときは、ファーの直径を1,2cm大きめにカットしてくださいね。)
2011-02-16(Wed)
 

子供用ファーマフラーの型紙と作り方♪

先日作った子供用のファーミニマフラーの型紙をアップします。
簡単に作るには、まっすぐ切って縫うだけなのですが、型紙があったほうがいちいちものさしを持ち出してこなくてもいいし、角丸の部分が作りやすいかな、と思って、無料型紙を作ってみました。


型紙に記載の仕様と最終的に少し違いますが、こういう感じのもの。↓(下は先日実際に適当に作ったものです)
IMG_4755.jpg

今回は簡単なので、作り方の仕様書は付きません。そのうち作ることがあったら、また、アップします;
ですので、ざざっと、簡単な作成の流れとコツだけ。。。


【作り方】
1)型紙に合わせて、ファーとニット地を裁断します。ファーを裁断するときは、毛の部分を切らないように小さくはさみを入れて、小刻みに裏地だけを切るようにし、切れてしまった毛は、引っ張ってマメに取り除いておきます。そうすると、あまり毛が散らずにファーを切ることができます。型紙には、記載の縫い代が含まれています。
2)留布を中表にして、ひっくり返す場所を、3,4cm残してぐるっと縫い、ひっくり返して、返し口を手縫いでまつります。
3)ファーとニット生地(マフラー本体)を中表に合わせ、マチ針で仮止めします。端から5mmくらい内側を、ファーの毛を中に押し込みながら、しつけしていきます。ここでファーを押し込んでしつけをすると、毛が飛ばないで縫いやすくなりますよ!
4)マフラーのひっくり返す場所を、6~8cmくらい残してぐるっと縫い、ひっくり返して、返し口を手縫いでまつります。角まできれいに出して、ファーを縫い目から少しずつ引っ張って出してあげると仕上がりがきれいです。
5)マフラーを巻いたときにバランスがちょうど良い位置に留め布を縫い付けます。(型紙に参考位置がありますが、子供さんによって違うと思うので、位置はバランスをみて、好きなところでOKです)最後に飾りボタンをつけて完成♪

※角を丸にしたい方は型紙の青線か緑線でカットして、角の丸い型紙で作ってくださいね!
※布を切り替えたい方は、型紙の好みの位置でカットして、縫うときに裁断した布をつないでください。
※留め布を、リボンや皮にしたりラベルをつけたりしてもかわいいですよ♪

******************************

【子供用 ファーマフラー 作り方と型紙】

http://ringaro.web.fc2.com/ringaro003.pdf


******************************


※普通ミシンでもロックミシンでも製作が可能です。個人の責任で縫いテストをしてください。
型紙には、縫い代が含まれています。


感想や作っていただいた作品などのコメントもお待ちしています♪


※個人が趣味で作成したものです。ご使用に際しては、自己責任でお願いします。
※また、著作権は、当サイト『RigGaro』が保有しております。作っていただいた作品の販売は可能ですが、こちらの型紙の2次配布等はお断りします。
※型紙などは、予告無く改定または配布停止する場合がありますので、ご了承ください。
2010-12-28(Tue)
 

大人レギンスの型紙と作り方♪♪♪

先日から試作していたレディースのレギンス、型紙ができたので、アップします。

程よいテンションで、少しだけゆとりめのタイツのようなぴったりラインです。

身長160cmちょっと、ユニクロなどでSサイズ~Mサイズ、一般的なフリーサイズで間に合う体形に合わせて作りました。およそのサイズの方には合うと思うのですが、不安がある方は、簡単ですので、個人ごとに差がある部分は少し大きめにカットするところから始めて大きかったら、少し内側を縫いなおすような感じで微調整してください。

↓これですね!(着画はありませんよ~。アップしていただけるとうれしいで~す☆)
IMG_4720.jpg


******************************

【レディース アランニットのレギンス 作り方と型紙】

http://ringaro.web.fc2.com/ringaro002.pdf


******************************


※型紙は、基本的にロックミシンでの制作を前提としています。(ニット生地のテンションが高いため)
普通ミシンでも製作は可能です。個人の責任で縫いテスト&伸びテストをしてからお願いします。
型紙には、縫い代が含まれています。


感想や作っていただいた作品などのコメントもお待ちしています♪


※個人が趣味で作成したものです。ご使用に際しては、自己責任でお願いします。
※また、著作権は、当サイト『RigGaro』が保有しております。作っていただいた作品の販売は可能ですが、こちらの型紙の2次配布等はお断りします。
※型紙などは、予告無く改定または配布停止する場合がありますので、ご了承ください。


今回は、ねこねこにっとさんのアランシャーリングニットを使用しました。
程よいテンション&厚みで柄もかわいく、柔らかい手触りですので、お手ごろです。
http://item.rakuten.co.jp/nekoneko210/2143ac/
2010-12-14(Tue)
 

くしゅくしゅ感がちょうどいい☆ツボなレッグウォーマーの作り方♪

やっとできたぁ~!

では、ちょっと長めで、くしゅくしゅラインがちょうどよく出るようにこだわった、ニット生地で作るレッグウォーマー・レシピの紹介です。
こだわりは、あくまでRinGaro好みですので、お許しください。(*^^*)

こういうのを作りますヨ♪
↓↓↓
(出来上がり)
IMG_4706.jpg
(着画)
IMG_4714.jpg
IMG_4712.jpg


さて。
このニットは、できれば、ロックミシンで作っていただきたいです。
というのは、型紙で、幅とかが結構ぴっちりしているところがあるので、縫い目にも若干伸びが欲しいんです。
でも、普通ミシンでも作れないわけではありません。
普通ミシンで作る場合は、レジロンなどの切れにくくニットソーイングに適した糸を使用して、リブ部分を縫うときに少し引張り気味に縫うとかして、レッグウォーマーを履いて生地が横に伸びたときに、縫い目でぐっと引きつってしまわないように工夫していただけるといいかと思います。


それでは、下記の説明を一読してから縫い縫い始めてくださいませ~♪


まずは、縫おうと思うニット生地の伸びを確認してください。
今回は、伸びの良い(=テンションの高い)ニット地の場合を「A」、ジャガードなどの伸びにくい(=テンションの低い)ニット地の場合を「B」として、型紙を参照してください。

基準は、ニットを横に引っ張って、14cmの幅が19cmくらいに伸びる場合は、Aで、それ以下の伸びの場合は、Bと考えてくださいね。

また、リブ部分には、テンションが高めの畝リブかスパンフライスなどを使用します。
こちらの伸びの基準は、12cmが20cmに伸びるものです。それ以下の場合は、裁断するリブの横幅を記載のサイズより、2~4cm大きくカットしてください。


【用意する生地の分量と型紙】
下記サイズで型紙を用意し、生地をカットしてください。
(Aパターン)各2枚ずつ裁断
・ニット生地 横幅29cm×縦50cm(縫い代6mm程度込み)
・リブ用ニット生地 横幅24cm×縦5.6cm(縫い代6mm程度込み)
(Bパターン)各2枚ずつ裁断
・ニット生地 横幅30cm×縦50cm(縫い代6mm程度込み)
・リブ用ニット生地 横幅24cm×縦5.6cm(縫い代6mm程度込み)

※少しゆとりが欲しい方または、私ちょいとだけだけどふくらはぎ太いのよね~って方は、横幅を+2cm程度にしてください。この辺はお任せします。幅をちょっと大きめにカットしておいていただいて、縫う前に調整していただいても良いと思います。ただし、あまり幅を出しすぎると、着用したときに、ふくらはぎで止まらず、ずり落ちてしまいますので、ご注意くださいね。


【作り方】
1)ニット生地の下端、裾部分に巻きロックまたは普通ロック(幅細めがオススメ)をかけてほつれ処理します。
2)ニット生地の脇を縦に一直線に縫い、筒状にしたら、糸端を処理します。
3)リブの脇を縫い、輪にします。
4)リブを縦に2つ折りにして、中表にニットの筒の上端と縫い合わせます。
完成♪

文字だけでイメージ付きにくい方、ごめんなさいッ;;;
そのうち、作成状況も画像上げさせていただきます。(多分・・・)


このレッグウォーマーは、ふくらはぎ部分がソックスのようになって、程よくちょうど良い部分でくしゅくしゅが止まります。
また、裾部分を巻きロック処理にすることで、かかとや足のつま先まで伸ばしたいときにゴロゴロしないようにしました。
着用時に、くるぶし部分で裾を内側に折り返して履いてもかわいいですし、長め丈ですので、膝上まで伸ばしたり、反対に、内側に1/3ほど折り返して、短いくしゅくしゅを楽しんでいただくことも◎
簡単なわりにバリエーションをつけた楽しみ方ができることを目的にしました。

ゆるゆるのレッグウォーマーがお好みの場合は、横幅を数センチ出して、リブ部分の中に、細めのパンツ用ゴム10cmを輪にして入れるとよいです。
私は、このゴムの締め付け感やゴロゴロがいやなので、ゴムは入れず、幅を細めにすることで、自分的に気持ちよい履き心地とすることにしました♪♪♪

ま、ま、この辺のところは、お好みで!
2010-12-09(Thu)
 

もこもこ☆簡単コサージュの作り方♪

お気に入りのもこもこ毛糸で作ったコサージュ。

IMG_4701.jpg


3年くらい前からリピして毛糸を変えて編んでます。
リネンやナチュラルテイストの小物にもマフラーのアクセントにも合うので、ちょっとしたプレゼントにもオススメ♪

オススメは、ちょっと太目のもこもこのカラーネップ毛糸。
太い毛糸でもいいし、モヘアや色糸の2本取りなんかでもGOODです。
カラフルな毛糸のほうが出来上がりがかわいいですよ。

よかったら、試してみてください。


【材料と作り方】※写真のものに使用した太さの毛糸とかぎ針を目安にしています。アレンジ可。

・毛糸 極太タイプ 15gくらい(目安として50g玉で3~5個できます)
・ブローチピン 1個(大き目のほうが留めやすいです)
・縫い糸と針(ブローチピンの留めつけ)
・毛糸針(編んだものをコサージュの花の形にまとめる)
・かぎ針 8mm(または15号程度:毛糸の太さにあわせる)

****************************************************************
編み図は、上が大きいほうで下が小さいほうのコサージュです。

1)編み図を参考にくさり編みで25目作り目し、くさり編み1目で立ち上げて細編みで返します。
  これがコサージュの台部分になります。
2)続けて編み図に従って花びらを編んでいきます。
3)毛糸用のとじ針に毛糸を通し、短いほうの花びら側を中心にして、巻きながら、台部分(編み図の下の細編み部分)をくるくると巻きながら、とじ針で縫い付けて丸く留めていきます。全体で2重~3重になるのが目安です。
4)花びらの形になったら、裏の台部分にブローチピンを縫い付けます。


※編み図は、私がいつも作る大小2つのものを載せています。
 細い毛糸で小さいのを作ってもいいし、くさり編みの花びらの数を増減して大きさや表情を変えてみても素敵です♪
 編むときに、つまり気味に編んだほうがもこもことしてかわいい、、、様な気がします。

amizu.gif

出来上がり♪
2010-12-08(Wed)
 

プードルファーのベスト♪(作り方と無料型紙)

プードルファーのベスト、型紙を調整して作り方を書きましたので、アップします。

無料ですので、ダウンロードして、A4用紙に印刷してお使いください。
(作り方:1枚+型紙3枚<貼り合わせあり>)

現状、私が作成したのは110サイズのみですので、こちらだけの公開になります。
1サイズ変更くらいなら拡大縮小コピーでいけると思いますが・・・

(参考)
110サイズ→100サイズへ =>> 92%縮小
110サイズ→120サイズへ =>> 106%拡大

微妙なところでお子さんのサイズに合わないかもしれないので、ご自身で事前にご確認くださいね。

一応友人に作ってもらって確認はしたのですが、明日、自分で注文したファーが届く予定なので、そしたら、作品アップしますネッ♪


↓↓↓友人が試作してくれたもこもこちゃん♪
15221720_814517442_179large.jpg

かわいい着画も頂きました♪(クリック拡大)

2010102313530000.jpg


******************************

【もこもこファーベスト 110サイズ子供用作り方と型紙】

http://ringaro.web.fc2.com/ringaro001.pdf


******************************


※型紙外側の細い線が、縫い代つきのカット線です。
プリンターによっては、前身頃の縫い代部分が切れてしまうことがあると思いますので、その場合は、仕上がり線で型紙をカットして縫い代は個別に1cmつけて裁断してください。


感想や作っていただいた作品などのコメントもお待ちしています♪


※個人が趣味で作成したものです。ご使用に際しては、自己責任でお願いします。
※また、著作権は、当サイト『RigGaro』が保有しております。作っていただいた作品の販売はかのうですが、こちらの型紙の2次配布等はお断りします。

続きを読む>>

2010-11-24(Wed)
 
プロフィール

::RinGaro

Author:::RinGaro
RinGaroです。
手作りのこと、イロイロ。
エコな生活に憧れますが、ワタシのココロには、物欲がトグロを巻いています。(笑)

最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。