スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

手作りクリームの作り方(ベースレシピ)

市販のクリームの使い心地に近い、伸びのよいクリームのレシピです。

使用する植物オイルの種類によってスキンケア効果や使い心地が変わります。

植物性乳化ワックスを少し多めにすれば、ヘアワックスやハンドクリームとして使用できますし、ジェル成分と水分を多めにすれば、ぷるぷる系のクリームや乳液の質感に近くなります。



(材料)ジャムの空き瓶1個分くらい。

・植物オイル(コスメグレード) 大さじ5
(月見草オイル、アルガンオイル、ホホバオイル、オリーブオイル、ローズヒップオイルのブレンドがオススメ)
・エマルシファイングワックス(=植物性乳化ワックス) 大さじ1
・キサンタンガム 耳かき1杯程度
・精製水 110cc
・スキンケア向けのエッセンシャルオイル 3~4滴
(ローズオットー、ラベンダー、フランキンセンス、ネロリ、カモミールなどがオススメ)


(作り方)
1)お約束ですが、使用する機材や保存ビンは、煮沸またはアルコール消毒しておいてください。
2)小さいボールに植物オイルと乳化ワックスを合わせて、ワックスが溶けるまで湯煎にかけ(短時間ずつ電子レンジでチンしてもOK)、泡だて器またはクリーマー(通販で1500円程度で買えます。こちらがオススメ)で、よく混ぜます。
一見混ざってそうでも実は混ざってなかったりしますので、しっかり混ぜてください。ここのポイントがクリームの出来上がりに影響大です。
3)精製水を人肌~60度くらいに暖め、上記材料に加えて、さらによく混ぜます。
4)少し大きいボールに氷水を入れ、その中に材料の入った小さいボールを浮かべ、冷やしながらさらに混ぜます。
5)とろみが出てきて、固まってきたら、キサンタンガムを少しずつ様子を見ながら加え、よく混ぜます。
6)最後にエッセンシャルオイルを加えて、混ぜたら、保存ビンに入れて完成。

美容エキスや保湿剤を加えると、リッチなクリームになります。

(オプション例)
・セラミド 小さじ1/2~1程度 →しっとりとしてハリのある肌に。
・ヒアルロン酸 同量 →ぷるぷる柔らかい肌に。
・プラセンタ 同量 →ぷるぷる肌に。
・コラーゲン 同量 →ぷるぷる肌に。
・1,3-ブチレングリコール(BG) 小さじ1~2 →保湿
・ベタイン 小さじ1/2 →保湿
・グリセリン 小さじ1~2 →保湿
・AHAフルーツ酸 →ナチュラルピーリング。シワの改善
・ビタミンc誘導体 →美白、しみ改善
・アルジルリン →シワの改善


今、お気に入りなのは、塗るボトックスといわれるアルジルリンとボトックスにAHAやセラミドを配合したリッチなアンチエイジングクリーム。エッセンシャルオイルは、ローズを中心としたアンチエイジングや美肌に効果の高いものをプラスして香りも楽しんでいます。
AHAを加えると、つけた後は少しぴりぴりしますが、時間がたった後の美肌&若返り効果は、テキメン!

そのうちレシピも公開しますね。

上記レシピの材料は、ネットで購入できます。
オレンジフラワーさん、マンディムーンさん、ピーチピッグさんなど。

ぜひチャレンジしてみてください♪
2010-12-03(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

::RinGaro

Author:::RinGaro
RinGaroです。
手作りのこと、イロイロ。
エコな生活に憧れますが、ワタシのココロには、物欲がトグロを巻いています。(笑)

最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。